チャートってなんだ?

 
 

チャートってなんだ?

数字は苦手でもグラフなら……

株価の動きを読むために欠かせないもの、それは「株価チャート」です。株価チャートはただの線グラフにとどまらず、ローソク足という、一見難解そうなものも存在します。株価チャートはネット上で、どの企業のものでも閲覧することができます。これからどの株を買えばいいか、自分の持ち株の推移はどうなっているかを調べる上で、ぜひともその読み方を覚えておきたいものです。ローソク足も、そのうちかわいく見えるはず。

証券会社選びスタート!
 

移動平均線

一定期間の終値の平均値を線グラフにしたもの。短い期間での株価値動きを見るための短期線、長い期間での株価値動きを見るための長期線があります。

ローソク足の見方

 数字だけを見て株価の変動を見るのは大変不便です。そこで登場するのがローソク足。江戸時代の頃より使われていたという代物ですが、その便利さゆえに、アメリカ株式市場でも利用され始めているほどです。これは時間に伴う株価の値動きを表しているもので、長方形と上下の線だけで、様々な情報を与えてくれます。

陽線 白い長方形。株価が上昇したときの表示です
陰線 黒い長方形。株価が下落したときの表示です
ヒゲ 高値と安値を結んだ線のこと

4本値

ローソク足からわかる4つの値のことを、4本根といいます。

始値(はじめね) その期間で最初についた株価
終値(おわりね) その期間で最後についた株価
高値(たかね) その期間でもっとも高い株価
安値(やすね) その期間でもっとも安い株価

出来高グラフ

株の売買によって、売り手から買い手へとわたった株の数(出来高)を表したグラフ。原則としては、株価が上昇しているときは、買い手が増えるため出来高が増え、株価が下落していると、買い手が減るため出来高が減ります。

証券会社選びスタート!