株取引用語集(アルファベット)

 
 

はじめてのネット株 -用語集-

アルファベット
EPS
利益を発行済み株式数で割ったのがEPS。企業の収益力がわかります。
めざせ!投資家
IR
IR(Investor Relationsの略)とは、企業が株主や投資家に対して、投資判断に必要な情報(財務状況など)を公平、継続して提供する活動の全般を指します。企業のホームページを訪れると、必ず「IR情報」のようなページがあるはずです。
PBR
株価純資産倍率のこと。純資産に対する、市場からの評価の割合を表しています。一般的に、PBRが2倍以上であれば、その銘柄は割高であり、1倍以下なら割安となっています。ただし、倍率があまりに低い場合は、倒産の危険さえある状態ですから注意しましょう。
PER
株価純資産倍率のこと。株が割安かどうかを判断するための指標です。「純資産」に対する市場からの評価の割合を表しています。
ROA
日本語で、純資産利益率。当期純利益を総資産で割って算出します。この数値が高ければ、総合的な収益率が高いといえます。ただし、同業他社と比べたり、過去との比較を行うことも忘れないようにしましょう。
ROE
日本語で、株主資本利益率。株主が出資した資金が、どれだけ効率よく活用されたかがわかる指標です。出資された資金に対する当期純利益をパーセンテージにしたもので、通常は2〜3%という数字となります。数字が高いほど、収益が高いと判断することができますが、経営資本があまりに少なすぎる企業、他人資本に依存した経営を行っている企業などは、この限りではありません。

▲ページ先頭へ

証券会社選びスタート!