株取引用語集(た行)

 
 

はじめてのネット株 -用語集-

た行
単元
株の取引には、売買できる最小単位というのが企業ごとに決まっていて、その最小単位のことを単元といいます。株を購入するには、単元が10株の銘柄なら10株以上、100株の銘柄なら100株以上購入する必要があります。株価が1,000で、単元が100株の銘柄を買う場合、最低購入金額は、1000(株価)×100(1単元)=10万円となります。
テクニカルチャート
過去の株価の推移を記録し、図で表したものをチャートといいます。    テクニカルチャートとは、これらを分析し価格変動を予測するために用いられるさまざまなチャートであり、TICK、ストキャスト、価格帯別出来高、一目均衡表などが代表的なものとして挙げられます。
テクニカル分析
株価チャートから株の値動きを分析する方法を、テクニカル分析といいます。一方、売り上げや利益などの数値を見て分析する方法は、ファンダメンタルズ分析と呼びます。
めざせ!投資家
投資信託
ファンドマネージャーと呼ばれるプロの担当者が、投資家から預かった資金を一定のルールに従って資産運用する仕組みです。投資対象は株式や債券などの金融商品。運用の成果はプラスもマイナスもそのまま投資家に還元されます。銀行などの販売者、ファンドマネージャーの所属する会社、信託銀行などの資産管理者は、規定の手数料を別枠で受け取ります。

▲ページ先頭へ

証券会社選びスタート!